情報

WordPess開設後に行うべき3つのこと

WordPressは設定項目が豊富で痒い所に手が届く優れものです。しかし、その豊富さゆえに見落としがちな設定項目がいくつかあります。そこで、私がWordPress開設後に真っ先に行うべきだと思った設定を3つ紹介していきたいと思います。

1. サイトアドレスの変更

1つ目はサイトアドレスの変更です。WordPress開設時にサブディレクトリを設定してWordPressをインストールした場合は、初期設定のままだとサイトアドレスにサブディレクトリが表示されてしまい少し不格好なアドレスになってしまいます。例えると当サイトではwordpressというサブディレクトリにWordPressをインストールしているので、初期設定ではhttps://exave.net/wordpressというアドレスになります。このようにサブディレクトリが表示されてしまうとこアドレスのオリジナリティが失われてスタイリッシュではありませんよね。このサブディレクトリを消すにはFTPサーバにアクセスしてファイルを編集する必要があります。説明すると長くなりそうなので詳細はこちらを参考にしてみたください。(笑)
WordPress を専用ディレクトリに配置する – WordPress Codex 日本語版

2. パーマリンクの設定

2つめはパーマリンクの設定です。この設定はアドレスを分かりやすくする為に必要な設定です。なぜかというと初期設定ではWordPress上で作成したカテゴリはID表示になってしまい、アドレスから記事が何のカテゴリに属しているのか分からなくなってしまっているからです。パーマリンクの設定は好みという曖昧さがあるので必ずしも正しい設定があるというわけではないのですが、ここでは私が使用している設定を紹介いたします。方法は簡単でWordPressの設定からパーマリンク設定にアクセスして、共通設定からカスタム構造を選択したら右横のテキストボックスに「/%category%/%post_id%.html」と入力した後、オプションでカテゴリーベースのテキストボックスに「.」を入力して保存するだけです。これでアドレスにカテゴリのスラッグが入るようになり、アドレスから記事の大枠を把握できるようになります。ドットはアドレスに自動的に表示されるcategoryディレクトリを表示させないようにするためのものです。

参考にしたページはこちら。
【WordPress】パーマリンク設定のカテゴリーベースとは? – ysklog

3. 投稿者アーカイブページのアドレス変更

3つ目は投稿者アーカイブページのアドレス変更です。これはセキュリティ対策として行うべきことで重要な設定です。WordPressではauthorというディレクトリが潜んでおり、初期設定の状態でサイトアドレスに「/?author=数時」を追加してアクセスすると、ユーザー名がバレてしまうようになっています。(数時の部分は1,2,3,,,と増やしていくと、どこかでヒットします。)これを解決するためにはEdit Author Slugというプラグインを使用してユーザー名の偽装を行う方法があります。プラグインの新規追加からEdit Author Slugを検索してインストールおよび有効化したら、ユーザーのあなたのプロフィールから名前項目のニックネームとブログ上の表示名を偽造のユーザー名にして、Edit Author Slug項目で任意の偽造ユーザー名を選んで更新するだけです。

参考にしたページはこちら。
admin から変更しても WordPress のユーザー名は丸見え!投稿者アーカイブの URL を守る方法 | Simple Living *

まとめ

今回はWordPress初心者の私が見落としがちだけど重要だと思った設定項目を紹介してみました。この設定さえできていればいいわけではありませんが、少しは改善につながると思います。まだまだ知らない設定箇所があると思いますが、私がこのブログを開設して重要だと思った設定がこの3つです。紹介した3つの設定ができていない方は是非トライしてみてください。^^b

スポンサーリンク

コメントを残す