情報

サイト運営初心者におすすめのレンタルサーバーはミニバード!

以前から計画していたサイトの移転が完了しました。旧サイトはしばらくしたら削除します。
サーバは無料のfreewebから、ネットオウル(Netowl)のミニバード(minibird)にしました。
また、移転に伴い独自ドメインを取得しました。今回はレンタルサーバーのミニバードと独自ドメイン取得の際に利用したスタードメインについて紹介したいと思います。

月額250円(税抜)からのレンタルサーバー、ミニバード
年額1,180円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス、スタードメイン

ミニバードを選んだ理由

私がミニバードを選んだ理由はずばりコスパ。もう私はコスパ中毒です。移転先サーバの条件として主に挙げたのが以下の5つ

  • 独自ドメインが使える
  • WordPressがインストールできる
  • 広告が表示されない
  • 安い
  • サーバが安定している

これらを考慮して最初はさくらのレンタルサーバーのスタンダードプランにしようとしましたが、年間の支払いをより安くできるミニバードに決定しました。2016年現在、さくらのレンタルサーバーが初期費用1,029+サーバレンタル費用12カ月5,142+独自ドメイン費用1,852=8023円に対して、ミニバードは初期費用0+サーバレンタル費用12カ月3240+独自ドメイン費用1274=4514円となり、3509円の節約になります。表示価格はどちらも税込です。ミニバードの初期費用0は9/30までのキャンペーンで、1500円の節約ができます。このように価格面ではミニバードのほうが優れていますが、機能面ではさくらのレンタルサーバが優れている点がいくつかあります。代表的なのが扱えるデータベースの数と転送量です。ただ、初心者が複数のデータベースを使ったりアクセスが多くて転送量が制限されてしまうことないでしょうから、ミニバードで十分だと思います。



ミニバードを登録して感じたこと

ミニバードを登録して思ったのが各種設定が分かりやすいということです。公式のマニュアルが多数用意されていて、設定の手順が実際の画面を用いて分かりやすく説明されています。サーバが安定していて速度もそれなりにあるので初心者にはおすすめだと思います。注意点としては登録時に取得した初期ドメインが、反映されるまでに長い時間を要するかもしれないということです。ドメインが反映されないとサーバにFTPでファイルをアップロードしても、ページの表示ができないのでしばらく待つ必要があります。私の場合、1日と半日ぐらいかかりました。これはミニバードに限ったことではなく他社のサーバでも発生します。ドメインの反映待ちはドメイン名とIPアドレスを紐付けるDNSというシステムで登録が済んでいないために発生するようで、反映は最高で2、3日の待ち時間が必要とされるようです。詳細は「DNS 反映」で調べてください。freewebで登録したときはこんなに遅くなかったっていうか、待った記憶がないんですけどね。(笑)freewebは利用者が少ないからなのかな。

 

独自ドメインについて

当サイトのドメインはスタードメインで取得した独自ドメインを利用しています。こちらのドメインも初期ドメインと同じように反映には時間がかかります。スタードメインはミニバードと同じのネットオウルが運営するドメイン取得サイトで、ミニバードとの相性がよくドメイン設定を簡単に済ませることができます。価格も良心的で、私が取得した.netは前述したように1274円です。キャンペーンも行っており、対象のドメインは初年度の費用を安く抑えることができます。



まとめ

ミニバードはコスパ抜群でマニュアルが豊富な優良サーバ。これからサイトを開設しようとしている初心者の方にはぜひ使っていただきたいです。ドメインが反映されないのはエラーではなくインターネットの性質なので、焦らず気長に待ちましょう。私の場合は心配性が発動して余計な設定をしてしまい反映が長引いてしまいました。(笑)

サイトの移転は初めてでしたが無事に完了したので安心です!WordPressで使うデータベースのバックアップおよび復元作業はエラーが多くて解決するのに苦労しましたが、無事に終えたので良かったです。移行手順の詳細は追々記事にしたいと思います。これからもEXAVEをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメントを残す