情報

ダブルレクタングル広告が嫌いです。

ブログサイトを収益化するためには広告の配置は欠かせません。

広告の配置はカスタマイズで変更することができ、配置によって収益の増加を試みることができます。

配置方法には様々なものがありますが、僕はダブルレクタングルという配置が嫌いです。

ダブルレクタングル広告について

ダブルレクタングル広告というのは広告の配置方法の一つです。

簡単に言えば2つの広告が横並びで配置されるものです。

記事下に配置されることが多いですね。

設置方法はCSSのフロートで横並びにして、メディアクエリか、PHPの条件分岐でスマートフォンは非表示にするという感じです。

ダブルレクタングルは広告のクリック率が高くて収益アップにつながる配置と言われていまが、逆に収益が下がったという報告もあるので真偽は定かでないです。

ダブルレクタングル広告が嫌な理由

カスタマイズがめんどくさい

横並びは簡単ですが、PHPで条件分岐を設定するのはプログラム初心者は億劫に感じてしまうと思います。

そもそもWordpressでPHPファイルを編集するのはCSSファイルを編集するよりもリスキーなので、プログラムの知識が無い状態でカスタマイズするのはオススメできません。

また、設置ができてもダブルレクタングルの場合、レスポンシブに対応していないので、画面幅の変更でレイアウトが崩れないようにするための工夫が非常にめんどくさいです。

横並びで同じ広告が配置されることがあり鬱陶しい

読者で広告が嫌いと思う人はいると思いますが、広告が好きって思う人はいないと思います。

広告が嫌いな理由はコンテンツの邪魔するからとか、読み込みが遅くなるからなどがありますよね。

僕も広告は好きではないのですが、これらの理由は広告だらけのサイトで顕著になってくるものなので、常識の範囲内だったら僕は気にしないです。

でも、ダブルレクタングルは受け付けませんでした。生理的にってやつですかね。

表示されている広告に対する興味の有無に関係なく、2つ並んで同じ広告があるっていうのはシンプルに鬱陶しいと思います。

全く同じ興味ないもの、嫌いなものを両手から出してプッシュされても困りますよね。

まとめ

ずっと言いたかったからスッキリしました。

収益にとらわれずにユーザビリティの高いサイトを目指すのがサイト制作者のあるべき姿だと思うので、広告配置について考えることは非常に大切だと思います。

今後も試行錯誤してユーザビリティの改善をしていきます!

スポンサーリンク

コメントを残す