心理

良い手相はネガティブ脱却へのキッカケとなる

皆さんは手相占いを信じていますか?占いというだけで嫌悪感を抱く人もいることでしょう。

しかし、手相占いは信憑性こそ低いものの、上手く意識改革ができればネガティブ脱却へのキッカケとなるのです。自信を持てずにネガティブ思考になりがちな人は、ぜひ手相を勉強してみてください。

信憑性が低い手相を真に受けるのには少し苦労するかもしれませんが、ネガティブ脱却のためには有益な情報です。

手相は言わば情報の集合体です。良い情報もあれば、悪い情報もあります。しかし、手相の情報に信憑性があるとは言えないので、あえて悪い情報を真に受ける必要はありません。必要なのは良い情報だけです。

つまり、良い情報を積極的に脳に取り入れることで、ネガティブ脱却への意識改革を行うのです。

手相においては取り入れた情報と事実の整合性を追求する必要はありません。なぜなら、手相の情報自体が信憑性に欠けるからです。

だからといって、良い手相を「不正確で信用できない情報」と捉えていては、ネガティブ脱却へのチャンスを逃していることになります。

そこで、良い手相を「ネガティブ思考が収まる情報」と捉えることができれば、安定した精神状態を得ることができるのです。

このような意識改革は手相ではなくても、他の占いによる良い情報でも行うことができます。しかし、僕が知る身近な占いの中で最も論理的なのが手相なのです。

ただの運や霊的な占いではなく、ある程度は科学的根拠で説明できるのが手相占いです。なぜなら手相は脳と関係があると言われているからです。

手相は人体の一部であり、人体は脳によって制御されています。このことから、脳と手相は関連付けることができます。そして、脳は右脳と左脳に分けられ、右脳が左半身を制御して五感を司り、左脳が右半身を制御して思考を司るとされています。

この関係性を利用して、手相占いでは右手を後天的、左手を遺伝的な情報として扱い、占いを行う方法が存在しています。

このように割りと論理的説明ができるという点が手相占いの魅力です。しかし、○○線が脳によって成形されるといった事実の証明はできていないので、真偽は定かではありません。

いずれにせよ、ネガティブ脱却のためには必要十分な情報です。ネガティブ思考の人は良い手相を生まれ持ったお守りだと思ってください。そうすれば、落ち込んだ時にも立ち直ることができるはずです。

スポンサーリンク

コメントを残す