写真

僕がD750を選んだ理由

フルサイズ機は憧れの存在だった。そんな憧れを僕は手に入れた。

そしてフルサイズ機の写りの素晴らしさを実感するのであった。

僕が手に入れたフルサイズ機はNikonのD750だ。この機体を選んだ経緯をまとめる。

D750は魅力がいっぱい!

何と言ってもフルサイズである

カメラは撮像素子というセンサーサイズの種類によって写りが変わるが、フルサイズが出す画像は空気感が素晴らしい。

粒が細かく物体のディテールが詳細に写し出されることにより、まるで目の前に空間が広がってるように感じることができる。

それは、階調の豊かさ、高い高感度耐性によるノイズの少なさによって実現されている。

高感度の強さはシャッターチャンスの増加により表現の幅を広げることができるほか、ブレによる作品のお蔵入りを防ぐことができる。

グリップが握りやすい

スナップを行っている時にD750のグリップの握りやすさを実感する。

フルサイズ機で大きいレンズを装着していても手への疲労が少ない。

ボディが比較的軽いことも疲労軽減につながっていると感じる。

コスパが高い

価格としてはD750は発売から時期が経っているので底値に近い価格になっている。

本体のみの価格であればは15万円で買えてしまう。

写りの素晴らしさを考えればお買い得な価格だ。

Nikon機が好き

ぐだぐだ打ち込んできたが結局はNikon好きがD750を選んだ大きな理由であると思う。

当たり前だがD750にも突き詰めれば納得のいかない点もある。それを許容させているのはNikon愛に違いない。

最近はフルサイズミラーレスが注目されていて、価格も数万上乗せすればコンパクトで写りが良いカメラが手に入る。

それを考慮すればSonyのα7を選んだかもしれないが、如何せん僕はNikonの写り、操作性、ソフトウェアの優秀さに魅了されているのである。

だからD750を選ぶのに時間がかからなかったし、非常に満足している。

スポンサーリンク

コメントを残す