音楽

僕がYAMAHA FG830を選んだ理由

初めてのギターを購入しました!僕が選んだのはYAMAHAのFG830というモデルになります。

記念すべき最初の一本だからこそ、こだわって選びました。

僕がFG830を選んだポイントを紹介したいと思います♪

FG830を選んだ経緯

デザインと価格帯

夕日のような暖かみあるグラデーションに、べっ甲柄のピックガードがマッチしていて、デザインに一目惚れでした。

値段はYAMAHAの公式サイトでは4万円ほどでしたが、中古ということで3万円ほどでした。

中古ですが使用回数が少ないため、非常に綺麗な状態で手に入れることができたので良かったです。

最初は1~2万円ほどの入門セットを購入しようと思っていたのですが、初心者には3万円以上のギターがおすすめという記事が多かったので、入門セットは選択肢から外しました。

なぜ3万円以上のものがおすすめなのかというと、この価格帯からギターの木材に良質なものが使われるため、いい音を鳴らせるギターが多いことが理由のようです。また、1~2万円のものはチューニングが狂いやすいそうです。

木材と木材の構成による音の違い

ギターの木材は主に表面版、側面版、裏面版に分けられ、それらの組み合わせで音が変わります。また、木材の構成が合板か単板かによっても音が変わります。

FG830は表面板がシトカスプルース単板、側面板、裏面板がインディアンローズウッド合板となっています。

シトカスプルースは細かな木目が美しく、明るく大きな音が特徴的です。単板ということもあって響きが良好です。

インディアンローズウッドは太くて濃いダイナミックな木目で、音が大きいのが特徴的です。合板は単板に比べると響きが弱いですが、耐久性があると言われています。

実際に弾いてる動画の紹介

YouTubeでFG830と検索すると実際に弾いてる動画がいっぱいヒットするので、ぜひ聴いてみてください。僕がおすすめする動画はこちら。

井上苑子さんかわいい(^^)
実際の音と近いので参考になると思います。色味も近いですね。ちなみに僕がオータムバーストというカラーを選んだのは、井上さんと同じにしたかったというのが理由です。(笑)

まとめ

FG830のレビューを見てみると、井上さんが音を聴いて驚いているように、より高価なギターを持っている人でも音の良さを認めている人が多いです。

値段の割に音の質がいいので、非常にコスパが高いギターです。初心者の方には本当におすすめだと思います。中級者ぐらいまでは十分使えると思いますよ。

僕はまだコードチェンジがスムーズにできないような素人ですが、ギターの見た目と綺麗な音のおかげでモチベーションはすごく高いです!

コード自体は弦高調整をしたことで弾きやすくなったのですが、曲に合わせて弾こうとすると指が追いつかない状態です(笑)

もっと練習してFG830の本領を発揮できるように頑張っていきます!

スポンサーリンク

コメントを残す