ゲーム

GTA5の車に関する豆知識

最近、GTAにカーディーラーアップデートが配信されたことをきっかけに寝不足気味になっています。

今回はそんな未だにGTAに対する熱量が減らない超神経質プレイヤーである僕が、発売日から現在までのプレイで気づいた車に関する豆知識を紹介していきます。

ゲームだからと言って妥協しないでプレイするのがゲーマーとしてのポリシーなのです。GTAに究極のリアリティを求める僕は少し厳しめです。

ナンバープレートのデザインには意味がある

車のカスタム項目一覧にナンバープレートの種類を変える項目がありますが、それぞれのプレートデザインには意味があります。

黒のプレートは1963年以降のものです。

青のプレートは1969年以降のものです。

白にブロック体の文字は1982年以降か1987年以降のものです。

白に筆記体の文字は1993年以降のものです。

EXEMPTと表記されているプレートは州が所有しているものを表わし、政府車両などに取り付けられるものです。

YouTubeでGTA5実況者の動画を見ているとモデルが最近の車なのに黒のプレートを付けている人を多く見るのですが、プレートの意味的には間違っています。

僕の場合はモデル車の年代に合わせてプレートを変えていますが、実際はディーラーから新規で古い年代のプレートを取得して使用することはできないので、あくまで個人売買で引き取った車両という体でプレートを選んでいます。

参照元
カリフォルニア州のナンバープレート
USA California

モデルが旧車の車にはバックランプが無い場合がある

GTA5の車にはウインカーやフットペダルが無いといった作り込みが甘い車が存在します。このような要因によりバックランプが無い車も作り込みが甘いと勘違いされがちですが、この場合は車の歴史を遡ると理由があります。

昔の交通における進路方向の伝達は手信号か矢羽式といった可動式のもので行われていました。現在使われている電気式方向指示器が普及し初めたのは1950年代に入ってからと言われています。

1960年代には交通量の増大に伴い、より細かな指示ができるように方向指示器の技術が発達していきました。そして、バックランプが普及し始めたのは1960年代後半からだと思われます。

その理由は制度にあります。ロスサントスのモデルとなっているロサンゼルスがあるカリフォルニア州にはCalifornia Vehicle Codeという車両に関する制度があり、その中には1969年1月1日以降に製造された車はバックランプを装備しなければならないと定められています。

つまり、1969年より前の車両は制度の対象外となり、バックランプが普及し始めたのは1960年代後半からだと推測できます。

このことからGTA5のバックランプが無い車はモデルが1969年より前の車ということになります。

日本では1969年3月31日以前のものであればバックランプが無くても良いとされています。

参照元
ウインカー――自動車のコミュニケーション(1938年) | よくわかる自動車歴史館 | GAZOO.com
Law section
保安基準確認

リアウインカーが単体として存在していない車はテールランプと兼用となっている

これもバックランプと同じで作り込みが甘いと勘違いされる要因なのですが、リアウインカーが単体の部品として存在していないのは、アメリカの制度に基づけば正しいものと言えます。

なぜなら、アメリカではリアウインカーの色が赤色でもオレンジ色でも良いとされていて、テールランプとリアウインカーの兼用が認められているからです。

日本ではウインカーの色はオレンジ色と決められているのでテールランプとの兼用は認められていません。

しかし、日本でも1973年11月30日以前に製造された国産車であれば、リアウインカーの色は赤色でも良いとされています。

参照元
なぜアメ車のリアウインカーは赤いのか?
保安基準確認

ヘッドライトの照射距離が右側だけ短いのは対向車のための配慮

これは最近になって気付きました。てっきりバグだと思っていたので驚きです。無免許なので許してください(笑)

車のヘッドライトは対向車が眩しくならないように、ロービーム時のヘッドライトの光が対向車側だけカットされるようになっています。

この状態の照射範囲とカットされている範囲の境界線をカットオフラインと言います。写真の車は綺麗なカットオフラインができていまね。

しかし、GTA5ではカットオフラインが出ていない車が多数見受けられます。NPC車両に至っては全てカットオフラインが出ていません。

つまり、NPCが乗っている車は全て整備不良ということになります。この点は少し残念ですね。

参照元
ヘッドライトのカットオフラインとは?

まとめ

今回は割りとマニアックなことを紹介していきましたが、GTA5のプレイヤーはご存知でしたか?僕が始めて分かった時は細かい点が再現されていることに感動しました。

もし、作り込みが甘いと勘違いして手放してしまった車があれば、正しい認識のもとでもう一度見直してみてください。今回の記事がGTA5における車の選定やカスタマイズの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す